薬と違うサプリメント飲み方について

薬と違うサプリメント飲み方について

最近はサプリメントの人気が高く、薬とは違い普段から飲んでいる人もかなり多いのではないでしょうか。

 

どういう点に注意をして、サプリメントを飲むといいでしょう。サプリメントは、飲み方や、扱い方にも薬とは違うことが幾つかあるようです。

 

サプリメントを摂取する時は、ジュースやコーヒーなどは使わず、ミネラルウォーターなどの水を使います。

 

お茶やコーヒーにはカフェインやタンニンが含まれていますので、サプリメントと同時に摂取すると、栄養成分が体内に吸収しづらくなります。

 

サプリメントに含まれる栄養素を体内に消化吸収しやすくするためには、食前ではなく、食事をしてからサプリメントを飲むようにしてください。

 

胃への刺激を軽減させるためには、食後30分以内のサプリメント摂取を心がけ、空腹時の利用を避けます。薬の場合には、飲むタイミングは薬によって異なります。

 

持病があるという人は、サプリメントを摂取する前に必ず主治医に相談しましょう。

 

血糖値が変動するなど、サプリメントを飲むことで思わぬ影響が出る可能性があります。

 

サプリメントと薬を同時に使っている人は、一層気をつけなければいけません。

 

サプリメントは、便利といっても使い過ぎはリスキーです。手軽に飲めるからとつい使いすぎると、過剰摂取で体に悪影響が出てしまうことがあります。

 

幼児にサプリメントを与える人もいますが、せめて6才になってからにしましょう。

 

うまく飲めなかったり、用量どおりに飲むと過剰摂取になる場合もあります。

 

病院の指導に基づいて子供に投薬することは必要なこともありますが、サプリメントは保護者の判断に基づくので一層注意が必要です。

 

鹿児島脱毛安い